メニュー


このエントリーをはてなブックマークに追加

荒神谷遺跡発見前にも銅剣・銅鐸の一括埋納があった

こうじんだにいせきはっけんまえにもどうけん、どうたくのいっかつまいのうがあった 常設展示

歴博を見学古代出雲歴史博物館 見どころガイド平成時代

島根県立古代出雲歴史博物館に関するコンテンツについて

銅鐸のシンボルマーク

これは島根県立古代出雲歴史博物館の展示または館内施設に関するコンテンツです。


1974年、松江市鹿島町の旧役場近くの志谷奥(しだにおく)遺跡から発見されました。耕作中に出土し、直後の聞き取りによって1つの穴に銅鐸2個と銅剣6本が1つの埋納坑に納められていたことがわかりました。このように異なる種類の青銅器が一括して埋納される例は、荒神谷遺跡でもみられ、出雲地方の青銅祭器の保有形態を考える上で貴重な発見です。