メニュー


このエントリーをはてなブックマークに追加

旧北松江駅改札と一畑電車

キュウキタマツエエキカイサツトイチバタデンシャ 常設展示

体験する歴博を見学古代出雲歴史博物館 お勧め1時間見どころガイド昭和時代(戦後)

島根県立古代出雲歴史博物館に関するコンテンツについて

銅鐸のシンボルマーク

これは島根県立古代出雲歴史博物館の展示または館内施設に関するコンテンツです。


一畑電車の運転席に座れるの?
 座れます。非常に狭い運転席の前には、旧北松江駅から旧大社神門駅までの運転席からの景色。まるで自分で運転しているような気持ちになれます。また車内では昭和30年代の懐かしい映像。ちょっと想い出にひたってみませんか。


 この改札口は、昭和2年に建設された旧北松江駅(現松江しんじ湖温泉駅)の一部で、実際に使用されていた部材をもとに再現しました。北松江駅は建築後、何度も増改築されていますが、窓枠は建築当時の姿を伝えています。時刻表は、解体された駅舎で使われていたもので、左側の時刻表は昭和28年当時の時刻を再現しています。電車は昭和2年に製造されたもので、平成8年に現役を退くまで約70年間、人々の想い出を運んできました。