メニュー


歴博を見学

島根県立古代出雲歴史博物館に関するコンテンツについて

銅鐸のシンボルマークのあるコンテンツは、島根県立古代出雲歴史博物館の展示または館内施設に関するコンテンツです。



宇豆柱

巨大柱(宇豆柱)の太さはどれ位?、材質は何?、年輪はどれ位?  この柱は鎌倉時代の1248年(今から約760年前)の出雲大社の本殿を支えていたものです。1本あたりの直径は1.3m、3本たばねると約3mになります。材質は杉で、年輪は150年から195年です。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

出雲大社本殿模型(平安)

平安時代の出雲大社の高さは48m?  この模型は、巨大柱の発見(2000年)前に、平安時代(約1000年前)を想定して設計された1/10模型です。その当時、高さが16丈(約48m)、階段の長さが1町(約109m)あったという伝承があります。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

本殿復元模型

2000年に出雲大社から発掘された巨大柱が支えていた本殿はどのようなものだったのでしょうか。  5人の建築史家が1/50スケールで再現した模型です。最も大きいもので高さ48m、最も低いものでは高さ24mで復元してあります。資料の見方によって復元する形は異なってくるのです。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

出雲大社本殿の千木・勝男木

現在の出雲大社の千木の大きさはどれ位?  この千木・勝男木は、昭和28年(1953)の遷宮の時まで、実際に使われていたものです。材質は杉です。千木の長さは8m30cm、重さは約500kgの巨木です。出雲大社の本殿の一部を間近で見られる唯一の場所かもしれません。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

古代朝酌市の一画の復元模型(1/1)

古代(奈良時代)の市場では、どのようなものが販売されていたのでしょうか。  入海(現在の中海・宍道湖)でとれた魚、山でとった動物、薬草をはじめ、農作業に用いる道具や土器なども販売されていたと考えられます。支払いにはお金も使っていたようですが、米や布などがお金のかわりをしていまし……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

荒神谷遺跡青銅器と加茂岩倉遺跡銅鐸

青銅器は何に使われたのでしょうか  荒神谷の青銅器国宝、加茂の銅鐸は重要文化財に指定されています。これが展示室一面に展示されている「緑の空間」は圧巻です。この青銅器ですが、何に使われたのかはよくわかっていません。一説によれば、豊作の祈願など、祭で用いられたとされています。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

三角縁神獣鏡

卑弥呼の鏡?!  鏡の縁が三角形をしており、裏面に神獣の姿があることからこの名があります。この鏡には「景初3年(239)」を含む41文字が刻まれています。『魏志倭人伝』によれば、この年、邪馬台国の卑弥呼が魏に使いを送り、魏から銅鏡100枚を授かったとあります。もしかするとそのう……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

双龍環頭大刀

本当に古墳時代の大刀?  本当です。出土品の鉄刀というと、錆だらけの姿を思い浮かべる方が多いでしょう。しかしこのかわらけ谷横穴墓出土の1400年前の大刀は奇跡的な保存状態で見つかっています。刀身だけではなく、鞘もその模様がわかるほど完全に残っていました。刀は今でも切れそうです。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

御取納丁銀

なぜ「御取納」丁銀と呼ばれているのでしょう  この銀は、今からおよそ450年前、正親町天皇(おおぎまちてんのう)の即位の時に、毛利氏が献上したものです。即位式の費用として納められた特別の貨幣だからこの名があります。「御取納」の刻印をもつ丁銀は現存唯一ともいわれています。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

三瓶山の縄文杉

三瓶の縄文杉の年輪はどれくらい?  樹齢は約450年です。1998(平成10)年、三瓶山麓の小豆原地区(大田市)から、3600年ほど前(縄文時代後期)の巨大林が発見されました。資料はそのうち1本の輪切り標本です。

■常設展示

つづきを読む

旧北松江駅改札と一畑電車

一畑電車の運転席に座れるの?  座れます。非常に狭い運転席の前には、旧北松江駅から旧大社神門駅までの運転席からの景色。まるで自分で運転しているような気持ちになれます。また車内では昭和30年代の懐かしい映像。ちょっと想い出にひたってみませんか。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

天秤ふいご体験模型

「かわりばんこ」という言葉はここから出たの?  ふいごを踏む人を「番子」といいます。一説によれば、番子が交替でふいごを踏み、炉に風を送ったことから「かわりばんこ」という言葉が出たといわれています。展示の天秤ふいごは実際に踏んでいただけますので、作業の大変さを体感していただけます……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

善太郎法語

罪ゆえに救われる・・・  有福の妙好人(みょうこうにん)、善太郎が晩年70才の時に書いたものです。年老いた自分を振り返り、人間が犯し得る様々な罪に例えながら、磔にあうしかないと罪の深さを嘆く姿が目に浮かびます。それとともに、罪に気づかせ、罪ある故に救いの手を差し伸べる阿弥陀如……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

情報交流室

この部屋を「使いこなす」と、とっても便利です。室内にはパソコンがあり、「いずもる」をはじめ、ネットによる情報や県内神楽などの検索や閲覧が可能。また県内外の博物館・資料館、観光地のチラシ、観光マップ、バス・電車の時刻表なども取り揃えており、よそでは滅多に手に入らないもの?も混じって……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

出雲は相撲発祥の地?

国譲りの時に、稲佐浜でタケミナカタとタケミカヅチが力競べをしたという神話と、垂仁天皇の時代に、出雲のノミノスクネとタイマノケハヤが対戦したという伝承が相撲の起源とされています。とすれば出雲を相撲発祥の地とみることもできるかもしれません。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

日本が龍蛇に囲まれている?

蒙古襲来以後、龍の姿をした神々が、日本を守護すると信じられていました。それ故に、日本列島を囲むように龍蛇が描かれた日本地図が作られます。その一番古い地図が、鎌倉時代末の金沢文庫本日本図です。このモチーフは近世になっても描かれ続けるのです。もちろん、龍蛇は徐々に地震を起こすとされる……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

玉にはどうやって穴を開けたのでしょう

玉の穴をよく見ると工具を回転させて穴をあけた跡があり、石や鉄のキリが使われたことがわかります。でもどうやって玉を固定して、どんなふうにキリを使って穴をあけたのかはわかっていません。現代ではまねのできない古代の職人技です。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

「王さま」はいつからいたのでしょうか

旧石器・縄文時代にはその形跡はありません。米作りがはじまった弥生時代には、「王」とも呼ばれる有力者が登場したようです。その証拠が巨大な墓です。「王」は出雲地域の代表者として、九州、岡山、北陸地方、中国や朝鮮半島の国々ともつながりをもっていたようです。出雲では、「王」の墓は四隅突出……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

風土記って何ですか

風土記とは各地の情報がつまったガイドブック。奈良時代の政府が、地方を支配するために、色々な情報を集める必要があったのです。どんな山や川があるのか、どんな動物がいるのか、名物は何か、なぜある地名がついたのか。風土記は713年に中央政府が各地に命令して作らせ、本来なら60を超える風土……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

昔の人はどこで買い物をしていたの?

市場です。奈良時代の出雲の市場の一つは松江市朝酌町にありました。そこでは、入海(現在の中海や宍道湖)や北ツ海(日本海)でとれた魚、山でとった動物、薬草などが集まりました、さらには、農作業で使う道具や土器なども売られていたと考えられます。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

荒神谷遺跡発見前にも銅剣・銅鐸の一括埋納があった

1974年、松江市鹿島町の旧役場近くの志谷奥(しだにおく)遺跡から発見されました。耕作中に出土し、直後の聞き取りによって1つの穴に銅鐸2個と銅剣6本が1つの埋納坑に納められていたことがわかりました。このように異なる種類の青銅器が一括して埋納される例は、荒神谷遺跡でもみられ、出雲地……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

出雲に「見る銅鐸」はあったか

この飾耳(かざりみみ)は出雲市青木遺跡の発掘調査で発見され、土壙墓(土に小さな堅穴を掘り、遺骸を直接納めた墳墓)に埋葬された人物の頭付近から出土しました。「見る」銅鐸として高さ1m前後にまで巨大化した近畿式銅鐸の飾り耳の破片で、近畿式銅鐸の出土は島根県内では唯一の例です。

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

この埴輪は男性、それとも女性

つばのある帽子をかぶり、美豆良(みずら)を垂らしたヘアスタイルと、装身具や着衣の表現がほとんどされていないシンプルなスタイルが特徴の中央の人物埴輪は男性です。その左右、頭が水平になっているものは長方形の髷(まげ)を表すことから女性を表しています。左右の腕は途中で折れ完全な形ではあ……

■常設展示

つづきを読む

カテゴリー

時代

島根県立古代出雲歴史博物館の展示資料・施設等

島根県立古代出雲歴史博物館で展示中

企画展名称
常設展示